< 商業科目の説明 >

1年次の必修科目

ビジネス基礎】
「企業とは」「銀行とは」など商業(ビジネス)や経済活動について学習します。ビジネス計算については電卓の授業を行います。


簿記
記帳、伝票等の会計処理について勉強します。企業や銀行の役割を含めて私    たちの取り巻く経済社会全般の知識を学び、理解します。


情報処理
ワード、エクセルの操作方法を習得します。ネット社会においてパソコンスキルは、絶対必要条件です。




2年次の科目(系の科目)

財務会計T
企業の利益・損失を含め、財産の変化に関する記録・集計・整理した帳簿から、現在の財務状況を詳しく学んでいきます。


原価計算
製品の製造のためにかかる費用(製造原価)や販売にかかる経費などを計算し、一つ作るのにいくらかかるか(原価)の計算方法を学びます。


ビジネス情報
コンピュータの多数のアプリケーションソフト(ワード、エクセル、アクセス、
パワーポイント)を使いこなし、パソコンスキルの上達を目指します。

プログラミング
プログラミング言語を中心にアルゴリズム、データ構造について学び、プログ
ラミングに関する知識と技術を習得します。

ビジネス情報管理
情報通信ネットワークやビジネス情報システムに関する知識と技術を習得し、
情報を管理し共有する意義や必要性について学びます。

経済活動と法
ビジネスに必要な法規(民法、商法など)に関する知識を学び、企業の経済活動についての具体的な事例を法律的に考えます。

ビジネス実務

ビジネスにおけるコミュニケーションの意義や業務の合理化等、ビジネスの諸活
動に必要なスキルを学び、活用する能力を身につけます。

マーケティング
企業が行う市場調査、販売計画、商品計画、広告などの販売活動について基本
的な知識と方法について学び、マーケティングの意義や役割を理解します。

簿記演習
簿記の学習の上に、さらに進んだ取引の記帳、財務諸表の分析、キャッシュフロー計算書などを学習します。上位の検定試験がとれるようにします。


実用情報処理
情報処理の学習の上に、ワード、エクセルなどの進んだ学習をします。上位の検
定試験がとれるようにします。



3年次の科目(コースの科目)

※2年次の系の科目が、3年次に他のコースで開講するものもあり
ます。


課題研究
少人数で学習します。生徒が自ら興味・関心のあるテーマを選択し、作品制作、資格取得、調査研究などを行い、報告・発表を行います。


総合実践
自らが企業家となり会社を経営します。販売する活動をとおして、1年生で学んだ簿記・ビジネス基礎などの知識をもとに決算処理を行います。


財務会計U
財務諸表作成の基準、キャッシュフロー計算書、連結財務諸表、財務諸表分析など会計情報を活用するための応用的な学習をします。


管理会計
企業が行う業績の管理や意思決定など、経営管理に必要な会計情報を活用する技術と方法について学びます。原価計算より進んだ学習になります。


ビジネス経済
ビジネスと経済について学び、需要と供給、価格決定と市場、景気循環、経済政
策など経済の仕組みや概念について理解できるようにします。

ビジネス経済応用
サービス産業、国際経済(貿易)、金融、企業経営などビジネスと経済の動き
について学ぶとともに、起業やビジネスの創造についても考えます。

上級プログラミング
2年次のプログラミングの学習の上に、より高度なプログラミングの手法について学習します。システム設計・システム開発に必要な知識・技術を学びます。


電子商取引
情報通信ネットワークを活用した商取引や広告・広報に関する知識と技術を習得し、ウェブページの閲覧や作成を行います。


異文化コミュニケーション

外国人講師を交えてビジネスに必要な語学力を学びながら、他国の風土・習慣を学習し、対応できる能力を養います。


情報デザイン
画像・映像系ソフトウェアの使い方を習得し作品制作を行います。画像・映像処理、デザインやについて学び、作品についてプレゼンも行います。


広告と販売促進
広告、店舗の設計、販売員(店員)の活動などの広告や販売促進について学習します。また企業と消費者間のコミュニケーション活動の意義や役割についても考えます。


商品開発
新しい商品を企画・開発することを考え、そのために必要な知識・技術を学びます。また、デザインやパッケージ、知的財産権、顧客満足についても考えます。


 商業科目の説明


総合ビジネス科
カリキュラム
商業科目の説明
アクセス & メール
入試情報
在学生の皆さんへ
学校生活
学科紹介
学校案内
神奈川県立
厚木商業高等学校